JANKI-RYU 雀鬼流
by Seesaaショッピング
JANKI-RYU 雀鬼流

2006年12月23日

麻雀部の歴史

H3年4月 しちかん入職 
 院内で時折行われる麻雀に1軍(院長麻雀)と2軍(若手による麻雀)があり、しちかんは2軍の麻雀に参加していた。しかし、その麻雀はせいぜい年1〜2回程度のものであった。1軍麻雀は時々行われていたが、若いしちかんにとってはとても参加できるようなものではなかった。(一度だけ参加したが、かなりひどい目にあった)
 2軍麻雀はいつの間にかフェードアウトしてしまい、しちかんが麻雀を打つ機会はほとんどなくなった。しちかん含めた同じリハスタッフ(女性2名・男性2名)で麻雀をしたことがあるが、せいぜい並べる程度のものであった。


H15年4月 なかぽん・前頭12入職
 しちかんにとってリハスタッフに麻雀を打てる人ができたことにより、頻繁に麻雀をするようになる。3人しかいなかったので、他の部署の人が入って打っていたが、ある人にさんまを教えてもらってからは、なかぽんの妻がいない時になかぽん宅の食卓テーブルでさんまを打っていた。この時のなかぽんは食事をした後は必ず負けていた。


H16年4月 オガチン8・かねごん・ぶるーちっぷ入職
 オガチン8とぶるーちっぷも一緒に麻雀するようになる。4人麻雀もやったが、今までの流れでさんまを頻繁に行った。しかも、日に日にインフレ麻雀へと発展していき派手な麻雀となっていった。前頭12の麻雀離れがおきてしまう。
 尚、この時期のかねごんはごくたまに麻雀することはあったが、全く麻雀に興味を示していなかった。


H17年1月 麻雀部発足
 しちかん・なかぽん・前頭12・オガチン8・ぶるーちっぷ、の5名により麻雀部が発足された。
 第一回麻雀部部長決定戦でなかぽんが初代部長となる。その後、年4回のペースで部長決定戦を行うことになる。
 尚、かねごんは全く麻雀部に興味を示していなかった。


H17年4月 す〜入職
 入職に合わせて麻雀部入部。最初の対局で、す〜は「社会人すげー!」を連発する。この時期はまだインフレ麻雀のなごりが残っており、それにやや驚いたのだろう。
 尚、かねごんはまだ全く麻雀部に興味のかけらもない。


H18年4月 のんのん入職
 8月、やっと、かねごんが入部する。でも、全く麻雀に興味はない。
 9月4日、のんのん、きよぽん(H15年入職)、あやごん(H16年入職)、たかみね(H18年入職)の4人で新人戦を行う。ルールもわからない状態で開催するも、のんのんは強烈な強さを発揮する。更にのんのんはさんまで麻雀部をバタバタとなぎ倒す。特にオガチン8はのんのんの登場から調子を落とすことになる。
 のんのんは部長(なかぽん)に実績を認められ、第8期部長決定戦から参戦し入部となる。
 

現在に至る
posted by しちかん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻雀部の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30128139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。